読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ふりしぼれ青春汁!!

主に読んだ漫画とアニメの感想文です。

5分で分かる!堤防釣り!

f:id:min-nano703:20170304012010p:plain

こんにちは!僕です!

 

GW始まりましたね!

普段釣りをしない方も連休中に暇を持て余し、天井の染みも数え終えてしまい仕方なく「釣りにでも行くか〜〜」となることが多い時期ではないでしょうか!

 

さて、手軽に予算も少なめで済む釣りといえば…そう!『堤防釣り』ですね!

しかし、普段全く釣りをしない人はいざ釣具屋さんに出かけても膨大な数の商品の前に「どれを買ったらいいか分かんねーよフザケンナ!」ってなりますよね!

 

そこで超簡単に堤防釣りについて解説したいと思います!

 

堤防釣りとは

まず堤防釣りってなんぞや!って方に説明すると

漁港の防波堤やら海釣り施設などの人の手で整備された比較的足場が良い海辺でやる釣りのことです。そんな感じです。ざっくりと行きましょう。

 

どんな釣りができるの?

  • アジやイワシを狙うサビキ釣り
  • キスやカレイを狙う投げ釣り
  • 比較的大物を狙うルアー釣り
  • カサゴなどの根魚を狙う穴釣り

ほかにもクロダイを狙ったり、タコを狙ったり(漁業権要確認)、イカを狙ったり等々その場所で釣れる魚や季節に合わせて様々な釣り方があります。

 

どれがおすすめ?

今回はサビキ釣りでいきましょう。エサを針に付ける必要がなく簡単だからです。釣りがフナに始まりフナに終わる時代は終わりました。※個人の感想です

f:id:min-nano703:20170501003622p:plainフナ

 

サビキ釣りって?

サビキ仕掛けというピンク色のヒラヒラが付いた針が5本ほど結んである仕掛けと撒きエサを入れる網やカゴとオモリを使う釣りです。

それを結んで海に入れて撒きエサを撒く→魚を寄せる→魚が針に付いたヒラヒラをエサと勘違いして食いつく→釣れる!

って感じです。魚の中でもちょっと頭が悪くて勢い任せなヤツらを釣ります。

f:id:min-nano703:20170501004736p:plain頭が悪すぎるサバ君

 

必要な道具は?

釣り竿とリール

釣り竿とリールはあった方が良いです。詳しくは知りませんがすごい昔から使われている基本の道具です。無くても釣りはできますが隣の釣り人に無用な心配をさせるので用意してください。

f:id:min-nano703:20170501005653j:plain

上の商品のように竿と糸が巻いてあるリールがセットになったものがオススメです。竿はあまり長すぎないものが最初はおすすめ、店頭に置いてあるものを試しに伸ばしてみて確認してから買いましょう。あまり長いと仕掛けや釣れた魚の回収に手間取ります。

安いものだと2000円くらいから

 

仕掛け

次は仕掛けです。各社ヒラヒラの色や針の大きさごとにいろんな仕掛けを出しています。下のは一例でハヤブサというメーカーの商品になります。

好きなのを選んでください。

わりとなんでもいいんですが、針が大きすぎると小魚が針にかかりづらくなるかも、釣りたい魚の口の大きさをイメージして選んでね!

f:id:min-nano703:20170501003552j:plain

針が結んである仕掛け単品

f:id:min-nano703:20170501003608j:plain

オモリとカゴがついた製品。オススメ

※サビキ仕掛けコーナーにはトリックサビキという仕掛けもありますがそれはまた別です。詳しくはお近くの釣具店まで!

 

オモリとカゴ

 

釣り糸の先につけるオモリと撒きエサを入れるカゴは絶対必要です。これがないとサビキ釣りはできません。敗北です。

これらに関しては先に選んだサビキ仕掛けのパッケージの裏を見てください。大体の製品はその仕掛けにベストなオモリの重さとカゴの絵が書いてあります。あとはそれに近いものをピックアップすれば良いだけです。

前述のように仕掛けとオモリとカゴがセットになった製品もあるのでそれが一番早いかも。

 

撒きエサ

これも必需品です。釣り場が人でごった返すゴールデンウイークなんかは無くても釣れるケースがありますが、そこまでケチるなら釣りなんかせずに鮮魚店で好きな魚を買ってください。

サビキ釣りで使う撒きエサは冷凍アミエビのブロックが基本です。

f:id:min-nano703:20170501011506j:plainhttp://www.bait-hamaichi.co.jp/product/cutslice.html

こんなの。

ただしこのアミエビ、溶けた汁がめちゃくちゃ臭いです。手はもちろん臭くなりますし、服に付いたり車にこぼしたらもう最悪です。

そこで最近は常温保存できるパック入りで匂いもバニラやブルーベリーなどフレグランスに仕上げてある製品が登場しました!

f:id:min-nano703:20170501012238j:plain最近出たマルキューのアミ姫。常温タイプでは珍しく粒が大きくしっかりしている。(ダイレクトマーケティング

このほかにもたくさんの製品が出てるので好きなのを選んでください。

 

その他

他にも最低限必要なものを挙げていきます

  • バケツ

水を汲んだり魚を活かしたり手を洗ったりと何かと使います。

堤防は足場が水面から離れているところがほとんどなのでロープ付の折り畳みができるタイプがオススメです。2個くらいはあったほうがいいかな。

  • クーラーボックス

釣った魚を新鮮なまま持ち帰るため、夏場は弁当や飲み物を冷やしておくためにも使います。氷をたくさん入れれば安いので十分です。

  • トングまたは雑巾

 アジやサバなどを釣った際に素手で掴もうとするとケガをすることがあります。

さらにはゴンズイなどの毒魚も!

無駄なケガをしないように持っていきましょう。魚専用のメゴチバサミという製品もあります。

  • フローティングベスト

 堤防は柵がないところが多いです!足を踏み外して落っこちてしまう事故も起きます。

大人の方もなるべく着たほうが良いですが子供には必ず着せましょう。落ちてからでは遅いです。子供用は1000円前後からあります。サイズが重要なので必ず試着させてから買ってください。

 

道具を揃えたら釣りに行こう!

一通りの道具が揃ったら釣りに出発です!

近隣の海釣り施設や釣りのできる堤防を探しましょう!

連休中はどこの釣り場も混雑するので早めにでかけて場所取りしましょう!

当たり前のことですが注意点を挙げておきます

  • 釣り禁止看板のある港、堤防には入らない。
  • ごみは持ち帰る。
  • 他の釣り人に十分配慮する(針のついた竿の扱いは慎重に!)
  • フグは食べない!
  • ゴンズイには気を付ける。

 ゴンズイについてはここを参考にしてくだちい

www.outdoorfoodgathering.jp

 

あとは仕掛けのパッケージに書いてある通りに仕掛けをセットして海に垂らせばサビキ釣りの始まりです!魚がいれば釣れるはず! (雑)

 

 

疲れたので僕からは以上です。

 

堤防釣りでは「道具はこれじゃなきゃダメ!」なんて厳格なルールはあまりなく、大まかな形式を守れば割と適当でも釣りになると僕は思ってます。

難しく考えなくても大丈夫です。

釣れるときは釣れるし、釣れないときは釣れないもんです。

 この記事が実際には5分で読めないことを怒らないくらいおおらかな心で釣りに行きましょう。

 

 それでは!

よりよい釣りライフを~~~!

f:id:min-nano703:20170304005625p:plain